Shiba Memuプレセールで460万ドルを達成、SHMUを買う価値があるのか?

Memeinator コイン
100倍の利益が期待できるプレセール?
Memeinator コイン
100倍の利益が期待できるプレセール?

Shiba Memuプレセールで460万ドルを達成、SHMUを買う価値があるのか?

By Benson Toti - 分読み (ショート)
  • AIトークンが急増する中、ミームコインはここ数週間で復活を見せている。
  • Shiba Memuのプレセールは、最終オファー日まで29日で、460万ドル以上を集めている。
  • これはSHMUを購入する好機か?

データによると、AIトークンはここ数週間上昇傾向にあり、大手テック企業による同セクターの大規模な予測に助けられている。このような見通しの中、プレセールのカウントダウンが29日後に迫っているShiba Memuは買う価値があるのだろうか?

ここ数週間でAIトークンが急増

人工知能を搭載したトークンはここ数週間、好調な動きを見せている。暗号リサーチとオンチェーン分析プラットフォームのKaikoが共有したデータによると、AI関連トークンは11月に取引量の増加を記録し、30億ドルのピークを記録した。

https://twitter.com/KaikoData/status/1729481515740873060

取引量は10月中旬から急増しており、Render (RNDR)、Worldcoin (WLD)、Fetch.ai (FET)、SingularityNET (AGIX)が最大のシェアを占めている。11月に暗号価格が全体的に上昇に転じたことがAIトークンの助けになったかもしれないが、このトピックをめぐる広範な強気センチメントが一役買った可能性もある。

アナリストは、特にエヌビディア、マイクロソフト、アマゾン、グーグルなどの主要メインストリーム企業がAI統合の成功に賭けているため、この傾向は続くと予測している。このような見通しから、2024年には強固な暗号AIトークンが上昇する可能性が高い。

Binanceとその元CEOのChangpeng Zhao氏をめぐる最近の出来事の中で暗号がページをめくるように見える中、AIトークンに対する肯定的な見通しは、シーンに登場しようとしている新しいプロジェクトに連鎖する可能性があるのだろうか?Shiba Memuは、強気相場に先駆けて購入する価値があるだろうか?

新しいAIミームコイン「Shiba Memu」

Shiba Memuがmemecoinの世界を支配する可能性は、その強力なマーケティングと実用性にある。AIと暗号が投資分野ですでにホットな話題となっている中、Shiba Memuが追加するのは、ミームにインスパイアされた天才的な技術だ。

自然言語処理、予測分析、画像/動画認識は、memeworldの自給自足エコシステムを運営するためのAIダッシュボードを作成するためにShiba Memuが導入するツールの一部である。インタラクティブなAIダッシュボードは、自己改善可能な24時間365日のマーケティング・マシンとなるだろう。

Shiba Memuは買う価値があるのか?

Memecoin(MEME)やBonk(BONK)などのブレイクアウトにより、ミームコインはここ数週間で再び脚光を浴びている。Dogecoin、Shiba Inu、Pepeなど、暗号が失速して勢いを失ったコインでさえ、この1ヶ月でプラスのリターンを記録している。

前述の通り、Shiba Memuは現在プレセール中の新しいAI搭載暗号トークンである。AIトークンへの大きな関心は、次の宝石を探す投資家がSHMUのプレセールのポジションを取るのを見ている。このプロジェクトはこれまでに460万ドル以上を調達しており、プレセールは今後29日間のみ実施されるため、今が購入の好機かもしれない。

SHMUの価格は現在0.044425ドルで、毎日GMT午後6時に上昇するようプログラムされているため、今後も上昇し続けるだろう。

AI、ビットコイン、暗号通貨に関するアナリストの予測が今後12~24ヶ月で実現するのであれば、プレセールが終了する前にSHMUを購入することは、投資家にとって大きな一手となる可能性がある。ただし、予測は将来のパフォーマンスを保証するものではないことに留意する必要がある。

Shiba Memuの詳細はこちら