ホームニュースWeChat、デジタル人民元決済に対応

WeChat、デジタル人民元決済に対応

中国の大手ソーシャルメディアメッセージアプリが、同社のプラットフォームでデジタル人民元(s-CNY)決済を可能にしたと報じられています。このサービスは、中国のデジタル元がテストされている上海と北京を含む23のすべての地域で利用できるようになります。

これは、メッセンジャーが年初に人民元決済を追加する予定であることを示唆した後のことです。

人民元は中国の中央銀行デジタル通貨(CBDC)で、現在テスト段階にあり、WeChatは中国最大のメッセンジャーアプリケーションであるため、デジタル通貨のテストが行われている地域の人々はCBDCを使って取引することができるようになると思われます。10億人以上のユーザーを持つこのようなアプリにCBDCのサポートを加えることで、CBDCの流通が促進されることは間違いないでしょう。

WeChatのユーザーは、デジタル人民元の使用を許可されるために、TencentのWeBankに口座を申請する必要があります。

中国におけるデジタル人民元の導入

WeChatの他に、中国でWeChatの主な競合であるAlipayも、人民元決済を追加する計画を示しています。Alipayは2021年に電子人民元導入の可能性を模索し始めた。

コンサルティング会社Trivium ChinaのアナリストLinghao Bao氏は、WeChatとAlipayは中国住民の大多数から大きな支持を得ており、その結果、中央銀行はデジタル人民元の普及においてソーシャルメディアメッセージ大手2社と協力する方法を探さなければならないと主張しました。

中国は現在、英国、ジャマイカ、カナダ、イスラエル、ナイジェリア、ケニア、米国など、CBDCを検討する意向を表明している他の国々をはるかに凌駕する存在です。

すでに1億4千万人以上の中国人がデジタル人民元の財布を開設しており、そのうち1千万人は法人口座となっています。

タグ:
コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。