Coinbaseの問題について深堀りーCEOが保有株の2%を売却

$MCADE プレセールが開催中です!
$MCADE プレセールが開催中です!

Coinbaseの問題について深堀りーCEOが保有株の2%を売却

By Dan Ashmore - 分読み (ショート)

今日、Coinbaseの投資家を抱きしめてあげてください。

CEOで創設者のBrian Armstrong氏は、低迷する暗号通貨取引所への別の打撃となるもので、彼の持分の2%を売却すると発表しました。

Coinbaseが上場したのは暗号にとって決定的な瞬間だった

世界第2位の暗号通貨取引所であるCoinbaseは、暗号のモルモットでした。

同社は伝統的なルートであるIPOを避け、直接上場を目指し、2021年4月にナスダック証券取引所に株式を上場させました。しかし斬新だったのは単に上場の方法だけでなく、そもそも上場するという事実だったのです。

それは暗号が大きなテーブルにつくことを意味します。それまで上場した暗号企業はなく、あらゆるコインが投資家に途方もないリターンをもたらしていた時代でした。

今ではもうずいぶん昔のことのようです。あの朝、ビットコインは59,000ドルでオープンしました。Jerome Powell氏のプリンターは赤熱していました。団塊の世代は、Dogecoinというものをどうやって買えばいいのか、子供たちに聞いていたのです。

Coinbaseはその朝上場し、1株あたり328ドルで取引初日を終えました。この暗号の大手は860億ドル近くと評価され、良い時代が到来しました。

これが暗号の登場です。

IPO以来のパフォーマンス

そして、Coinbaseが登場するやいなや、下落しました。

これを書いている現在、63ドルで取引されています。 これは上場時から83%のメルトダウンで、現在の評価額は166億ドルです。ダメージを受けたビットコインでさえ、以下にプロットしたように、それ以来、アウトパフォームしています。

どこで失敗したのでしょうか。まあ、まずはボラティリティ(変動率)と言えるでしょう。Coinbaseのような株式が、これほど早く価値を落とすのは驚くことではありません。Coinbaseの業績は暗号と共生しており、今後もそうでしょう。

暗号が下がれば、市場への関心も急落します。友人が100倍のリターンをツイートしていると、誰もが参加したくなります。つまり取引量の減少、取引手数料の減少、そして最終的にはCoinbaseのパフォーマンスの低下を意味します。

暗号の比類なきボラティリティで、Coinbaseがとてもボラティリティが高いのは驚くことではないはずです。これは、当時、私は以下のように述べました:あなたが暗号を探している機関投資家で、何らかの理由ー規制、官僚主義などーでビットコインを直接購入できない場合、Coinbaseの株式を購入することは理にかなっています。

あるいは、高齢の投資家であれば、セルフカストディやウォレットのセットアップなどに関して、暗号市場で直接取引することに(当然ながら)恐怖を感じたり、快適ではないことがあるかもしれません。このような層にとって、暗号のエクスポージャーを得たいのであれば、Coinbase株を購入することは理にかなっています。

しかしそれ以外の人にとっては、なぜビットコインを直接購入しないのでしょうか?なぜCoinbaseのルートを通るのか、どんな利点があるのでしょうか?

CEOが2%の株式を売却

創業者兼CEOのBrian Armstrong氏は、同社の19%の株式を保有しており、その価値は約32億ドル(約3,000億円)です。しかしBrian Armstrong氏は、この株式の一部を売却することを発表し、まもなく17%の株式となります。

「私は、科学と技術を加速させ、世界最大の課題の解決に貢献することに情熱を注いでいます。これを促進するために、私は科学的研究とNewLimit + ResearchHubのような企業に資金を提供し、今後1年間で私のCoinbaseの保有資産の約2%を売却する予定です。
]

彼の理由は、公平に見て健全だと思われます。しかし、どのように振れても、CEOが株を捨てることはCoinbaseにとって打撃であり、ちょうどインサイダーが売るときに打撃であるのと同じと言えるでしょう。

もちろん、売却したい個人的な理由もあるでしょう。私もポートフォリオの一部として19%の株を持ちたくないのは確かです。しかし寄付をしたいというArmstrong氏の理由は、これがまだCoinbaseのCEOによる売り注文であるという事実を変えるものではありません。

保有する株式をマネタイズする方法はたくさんあり、経営者は常にそれを利用しています。イーロン・マスク氏はテスラの株を売りたがらないことで有名ですが、その代わりに融資パッケージの担保にしたり、キャッシュフローを生み出すために他の手段を使ったりしているのです。

Armstrong氏は先週金曜日、Twitterで売り注文を投稿し、「彼はあなたが最初に私からそれを聞くことを望んでいるので、これを共有する。」というコメントを添えてから、次のように主張しました。「私は非常に長い間CoinbaseのCEOであるので、私は暗号とCoinbaseに対してはかなり強気のままだ。

Coinbaseの未来

これはCoinbaseにとって最新の打撃に過ぎません。

6月にArmstrong氏は暗号市場の低迷が続き、Coinbaseの収益に打撃を与えたため、同社が従業員の18%、6,100人のうち約1,100人をレイオフすると発表しました。ちなみに5月に取引高で初めてCoinbaseを抜いた競合のFTXは、まだ従業員数が300人に過ぎません。

また、Coinbaseがハーフタイムのコマーシャルに1400万ドルを費やしたことで有名なスーパーボウルのわずか4カ月後に、この縮小が行われました。その四半期には4億3000万ドルの純損失を計上し、株価は36%下落しました。これは5月に発生した巨大な伝染病が暗号市場を本当に大混乱に陥れる前のことでした。

Armstrong氏は、同社があまりにも急速に拡大しすぎたことを認めましたが、実際は極めて不十分な計画だったのです。暗号市場は気まぐれなことで有名で、パンデミックブームが景気刺激策につながり、家に閉じこもっている人たちの可処分所得が増え、社交性の欠如と隔離の影響からコンピュータに向かう時間が増え、2020年と2021年の市場はCoinbaseが上昇するのに最適なカクテルだったのです。

Armstrong氏は、この継続に大きく賭けましたが、世界は別の考えを持ったようです。歴史上のどの時点よりも多くの現金が印刷された後、最終的にインフレが襲ってきたのです。そして猛烈なインフレには利上げが付き物で、市場から流動性が吸い上げられ、株から膨れ上がった利益が消え、フォワードキャッシュフローが厳しいレートで割り引かれることになりました。

今はその完璧なCOVIDのマクロ状況とは真逆の状況になっています。Coinbaseは統合し、より良い計画を立て、経済が軌道に乗ることを願う必要があります。なぜなら、それが実現するまで暗号は跳ねないからです。そして暗号がバウンドしなければ、Coinbaseは確実にバウンドしません。

お気づきのように、本末転倒ですね。