なぜ暗号はこれまで以上に株式市場に近づいているのか?

$MCADE プレセールが開催中です!
$MCADE プレセールが開催中です!

なぜ暗号はこれまで以上に株式市場に近づいているのか?

By Dan Ashmore - 分読み (ショート)

今のマーケットにはJerome Powell氏の言葉以外、何も関係ないような気がします。

データを見ると、それは一種の真実です。2017年に入ってからのS&P500に対するビットコインの相関関係をプロットしてみたところ、時間とともに概ね相関関係が高まっていることが分かりました。これは本当に、パンデミック時に人気を博した「インフレ・ヘッジ」というシナリオの話を打ち砕くものです。

相関関係は時間が経つにつれて低下してはいけないのでしょうか?そうでもないと言えるでしょう。2017年、暗号の質感を思い出してみてください。それはまだニッチな資産で、メインストリームでカバーされ始めたばかりでした。ーそして確かに、最近その上にこぼれるデジタルインクのレベルにはほど遠いものでした。

それが今では、上場企業が暗号を保有するまでになりました。この夏、私はエルサルバドルを訪れ、この通貨で商品を購入しました。これらはほんの数年前と比べれば、目覚ましい発展です。つまりビットコインは今や主流になっているのです。

そして、主流の金融資産であり、リスクスペクトルがかなり離れたところにあるため、実際に市場の影響を受けることになります。

2022年

実際、この相関関係は今年に入ってから過去最高を記録し、株式市場と歩調を合わせて動いています。この上昇気流は何によってもたらされたのでしょうか。金利環境が一変したのです。

歴史的な低金利が10年続いた後、パンデミックによる絶え間ない紙幣増刷と景気刺激策の結果、インフレが一気に進行してしまい、これを抑制するために米国の連邦準備制度理事会を筆頭に、中央銀行が金利引き上げを余儀なくされています。

金利の上昇ほど市場から流動性を奪うものはなく、特にハイテク株などキャッシュフローを現在に割り戻して考える高リスク資産には、それが当てはまります。

これはよく見落とされることですが、ビットコインは現在弱気相場であり、他の市場も弱気相場です。なぜなら、ットコインはその誕生以来初めて、量的緩和、基準金利、強気なセンチメントに溢れていないマクロ環境を経験しているからです。そして他の金融資産がそうであるように、ビットコインは膝を鳴らしているのです。

危機的状況下では相関関係が高まります。流動性が求められ、防御的なポジションが取られ、手元資金が増加するのです。ビットコインはその歴史の中で初めて身をもって体験しているのです。

そのような中で、相関関係が高まっているのは当然のことです。