政府がビットコインをシャットダウンできないと主張することは、的外れである

$MCADE プレセールが開催中です!
$MCADE プレセールが開催中です!

政府がビットコインをシャットダウンできないと主張することは、的外れである

By Dan Ashmore - 分読み (ショート)

重要なポイント

  • 米国銀行委員会の議長が、すべての暗号通貨の禁止を示唆しました。
  • 暗号は政府の閉鎖に免疫があると宣言されていますが、これは直接的にしか真実ではありません。
  • エコシステムとそれにアクセスする能力を攻撃することで、暗号は議員によって大幅に抑制される可能性があります。

 

ビットコインはシャットダウンできない、そう言われていますがこれは的外れです。

まずはっきりさせておきたいのは、このマントラは少なくとも技術的には真実だということです。ビットコインはインターネット上に存在するため、シャットダウンされることはありません。もちろん、何らかの方法でインターネットをシャットダウンすれば別ですが。しかしどう考えても、ビットコインは分散型であり、オンラインの世界に存在するもので、抑制されることに強いという技術の賜物です。

ビットコインを直接シャットダウンすることはできないが、間接的には別の話

ブロックチェーンを直接シャットダウンすることは不可能ですが、政府は、少なくとも理論的にはビットコインを大きくへこませ、大衆による採用を抑制することができます。技術的にシャットダウンとは言えないかもしれませんし、そうなる可能性についてはコメントしませんが、十分な協調的努力がなされれば議員によるビットコインへの攻撃は壊滅的なものになる可能性があることは間違いないでしょう。

この分野では中央集権的な組織が蔓延していることに注目すればよいでしょう。ビットコイン自体は非中央集権的ですが、大衆がそれにアクセスするためには大多数がBinanceやその他の取引所のような中央集権的な企業を経由しているのです。もし政府がこれらの企業を追いかけたらどうなるでしょうか。

これらの企業は法律を遵守することを余儀なくされるでしょう。確かに分散型取引所(DEX)は残るでしょうし、ビットコインそのものと同様に、直接的に閉鎖されることに対しては弾力性があります。しかしDEXが唯一の選択肢であった場合、ビットコインがメインストリームで成功を収め、正当な金融資産に成長し続けることを期待できるでしょうか?

金融機関はこのルートを追求することに消極的になるだけでなく、保有を禁止されるだけかもしれないのです。

米国銀行委員会委員長、暗号通貨の禁止を提案

米国銀行委員会のSherrod Brown委員長が暗号通貨の禁止を示唆したことをきっかけに書かれた記事があります。

その中でBrown氏は次のように述べています。

「私はすでに財務省と長官に出向き、さまざまな規制機関すべてを通じて政府全体の評価を行うよう要請した。…SECは特に積極的で、そのようになれば立法的に進める必要がある。」

一部では嘲笑されているようですが注目すべきことです。米国は世界の金融の中心地であり、SECが禁止を言い出したとしたら、これは地震的なインパクトを与えるでしょう。

機関投資家、年金基金、上場企業など、ビットコインの保有を禁じられる可能性のある市場を考えてみてください。あるいは取引所などのインフラが破壊されるかもしれません。

裏を返せば、その可能性はまだ低いということです。先ほど私が指摘した、政府がビットコインを停止させる可能性を人々が見落としているという点に戻ると、Brown氏は、「我々は、彼らが同時にすべきことをするように望む、多分禁止するだろう。禁止することは非常に難しいが、それは海外に行くことになり、それがどのように機能するか誰にも分からない。」と述べています。

結論

私はこの件に関して、ビットコインや暗号の終焉を予言しているわけではありません。ただ世界最大の暗号通貨に対して、政府がいかにダメージを与えることができるかを見落としている人が多すぎると思うのです。

確かにブロックチェーンの良さは、直接的に停止することができないことです。しかし間接的には?それはまた別の話です。政府はビットコインに関して「関係ない」と片付けるにはあまりにも大きな力を持っているのです。

今のところ、米国が暗号をシャットダウンするような思い切った動きをすると考えることはできないでしょう。しかしスキャンダルに次ぐスキャンダルがこの空間を揺るがしている狂乱の2022年の後では、Sherrod Brown氏のようなコメントは驚くには値しないでしょう。

これらの言葉が実行に移される可能性がある場合、投資家が暗号にとって良性の展開であると書き留めるのは愚かなことです。