ホームニュース弱気相場の襲来により今年の暗号の関心は世界で16%低下

弱気相場の襲来により今年の暗号の関心は世界で16%低下

Dan Ashmore

重要ポイント

  • Googleのデータによると、暗号通貨への関心は、世界の2021年の平均と比較して今年は16.6%低くなっています。
  • 今年のビットコインの価格下落は52.7%ですが、レイオフと清算も業界に打撃を与えました。
  • 最も関心が低下したのはオランダで37%減、アイルランド、ニュージーランドが続いています。
  • 中央アフリカ共和国は、4月に政府がビットコインを法定通貨にすると発表したことで、利子が592%上昇し、トレンドに逆行しています。
  • 他のアフリカ諸国であるモロッコとケニアは、昨年と比較してそれぞれ61%と55%という目覚しい上昇を記録しました。
  • 発展途上国の暗号への関心は先進国よりも高く、今年は景気後退にもかかわらず多くの国が関心を高めています。

2022年、暗号市場は急激に下降に転じました。ボラティリティに見放されたわけではないビットコインの価格は、元旦に取引された47,700ドルのレベルを現在52%下回っています。

しかし、揺らいでいるのは価格だけではありません。5月に起きた元トップ10コインLunaの崩壊とそれに付随するステーブルコインUSTのデススパイラルが最も有名ですが、暗号貸し手のCelsiusとVoyager Digitalの破産申請など、伝染病の渦中にある主要プレイヤーの清算も見受けられました。

残念ながら、レイオフもこの業界を席巻しています。Coinbaseは、スーパーボウルの広告に数百万ドルを費やしたわずか2カ月後に、スタッフの18%(1,110人)をレイオフしたほど注目されています。

強気市場のヒステリーが収束したことを受けて、今年は世界中で関心が低下しているのでしょうか。もしそうなら、暗号に対する関心が最も低下したのはどの国でしょうか?

2022年、暗号通貨への関心が大きく低下

世界全体の関心度の下落率は16.6%で、かなり激しい下落となっています。最も悪い国はオランダで、37%という驚異的な減少を示し、次いでヨーロッパのアイルランドが30%の減少、ニュージーランドが28%の減少となっています。

次に多いのが米国で、2021年の検索ボリュームと比較して26%以上減少しています。米国は依然として市場ボリュームの大部分を牽引しており、これは昨年と比較して今日の市場がいかに異なっているかを象徴しており、我々が目にしたレイオフや価格崩壊の文脈を表しています。

興味深いことに、暗号への関心が最も高い国はほとんどが発展途上国で、モロッコ、ケニア、スリランカ、ナイジェリア、コロンビアは、実際に関心が高まった国の一つです。モロッコとケニアは、アフリカの2つの国であり、それぞれ61%と55%の上昇を記録しています。

 

先月はさらに金利が低下

Terraが潰れた5月以降、弱気相場が本格化し、それに伴いここ数ヶ月は残酷なものとなっています。2022年全体と比較して、7月だけの落ち込みを見ると落ち込みはさらにひどくなっています。世界平均を見ると2022年平均と比較した場合、今月は暗号通貨の検索数が63%少ないことがわかります。

ニュージーランド、スペイン、ベネズエラ、そして、やや意外なことに米国とカナダは関心が最も低下した国の一つです。米国の検索回数は59%減少し、カナダは58%でそのすぐ後ろにいます。

 

エルサルバドル

エルサルバドルのNayib Bukele大統領は、ビットコインが急落しているときに、政府が「ディップを買っている」とよくツイートしています。昨年からビットコインが法定通貨となった彼の国の国民は、同じ意見ではないようです。

Googleの検索トレンドによると、エルサルバドルでは7月にビットコインへの関心が2021年の数字と比較して、他のどの国よりもさらに低下しています。2021年にBukele大統領が法定通貨として発表した際に検索数が急増したことを考えると、何らかの形で低下することは予想されますが、63%という低下は懸念され弱気市場の有害な影響とエルサルバドルで国民にビットコインを導入することの課題の両方が浮き彫りになっています。

全体を見ると、2022年の関心は2021年と比較して17.9%低下しており、7月の64%低下ほどではないが、それでも大きな低下です。

中央アフリカ共和国

上記のグラフには、縮尺の関係で1カ国が抜けています。それは、中央アフリカ共和国がこの数字を吹き飛ばしてしまったからです。22年7月の暗号への関心は、2021年の数字と比較して715%(2022年全体では592%)アップしています。

 

もちろん、4月にビットコインを法定通貨として宣言した2番目の国になったためです。それだけでなく、踏み込んで国の豊かな資源(ダイヤモンド、ウラン、石油)を新たに立ち上げた暗号通貨「サンゴコイン」でトークン化することを発表したのです。

しかし、世界で最も貧しい国の一つであり、インターネットにアクセスできるのはわずか10%で、これが賢明な取り組みであるかどうかは、また別の日の話です。