ホームニュースキューバ中央銀行、仮想資産プロバイダーのライセンスを取得へ

キューバ中央銀行、仮想資産プロバイダーのライセンスを取得へ

キューバ中央銀行(BCC)は、組織、個人、法人を含むキューバ国内外の仮想資産サービスプロバイダーに対してライセンスを提供することを発表しました。このスペイン語の決議は、キューバの官報にも掲載されました。

ただし、認可されたライセンスは1年間有効で、その後2年目まで延長される可能性があります。

決議では、プロバイダーはBCCで承認された仮想資産のみを操作できるようになると述べています。

「仮想資産には、他のキューバ中央銀行の法律で管理されている、従来の銀行や金融システムで広く使用されている法定通貨、証券、その他の金融資産のデジタル表現は含まれていません。」

木曜日に、BCCは、以前の決議により、銀行が国レベルおよびそれ以降の両方で交換、収集、財務、または支払い活動に関連する資産の取引のためにプロバイダーにライセンスを発行できるようになったと再確認しました。

政府機関はBCCが許可した場合のみ仮想資産を取引に使用するとしても、今回の決議では、キューバ政府が仮想資産の取引にどのように課税するのかという問題には触れていません。

しかし政府は、BCCがCrypto Assets Groupのライセンスと協議した後、90営業日以内に求められたライセンスを拒否または許可すると述べています。

その上、プロバイダーはBCCの承認の下でのみ動作します。キューバ財務報告基準によって承認された財務と価格の省はまた、彼らが動作する方法について彼らの会計記録を保持するために必要となります。

コンテンツ&広告のパーソナライズ、ソーシャルメディア機能の提供、より良いエクスペリエンスの提供のためにCookieを使用しています。サイトの閲覧を続けるか、「OK、ありがとう」をクリックすると、このウェブサイトでのCookieの使用に同意したことになります。