地方分権は美しい、しかしマイナス面の前兆も

$MCADE プレセールが開催中です!
$MCADE プレセールが開催中です!

地方分権は美しい、しかしマイナス面の前兆も

By Dan Ashmore - 分読み (ショート)

制裁。

暗号通貨界では、検閲、規制、中央集権と並んで、紛れもなくバズワードとなっています。

今週は、これがいかに大きな問題であるか、そして暗号通貨に対する法執行機関の関心が高まっていることが証明されました。米国は水曜日に、Tether(USDT)を使用して違法に資金を移動させていたロシアとベネズエラのネットワークの取り締まりを発表しました。

2月のウクライナ侵攻後、ロシアに対して積極的な国際制裁が行われました。そのため暗号通貨とその制裁を回避する潜在的な能力というトピックがすぐに脚光を浴びることになったのです。

暗号通貨の柱は検閲への耐性

ある意味では、検閲への耐性は素晴らしいです。実際のところ、暗号通貨のバックボーンの1つです。分散化という魅惑的な性質によって、個人は自分の富をコントロールし、政府や他の中央組織の影響を回避する能力を得ることができるのです。

この非中央集権と検閲への耐性は、あらゆる種類の利益をもたらします。信頼できない政権のもとで暮らす人々が富をコントロールする手段を手に入れたとしたらどうでしょう。無能な政府による大規模なインフレを目の当たりにしている市民は、最小限の努力でステーブルコインを購入し、その価値を米ドルで保存することができるようになったのです。

これらの利点は、多かれ少なかれ、誰もが認めるところです。私にとっては、この奇妙で小さな産業に魅了される理由を示しているのです。金融特権を打破し、発展途上国の市民が富を維持する機会を与えることができます。もちろんビットコインは非常に不安定で、現在、価値の保存には全く適していません。しかし、暗号通貨には、ステーブルコイン、不安定でないコインなど、さまざまなオプションがあります。

分散型はデメリットでもある?

多くの人がTetherが中央集権的であることを非難しています。つまり、アメリカ政府の気まぐれに左右されてしまう、と彼らは主張しているのです。彼らは正しいでしょう。先月のトルネードキャッシュ(イーサリアム上のキャッシュミキサー)の出来事を見ると理解できます。

政府はいつでもTetherにウォレットを凍結するよう命令でき、Tetherはそれに従わなければなりません。彼らは規制された企業であり、規制された企業はそう行動することが義務付けられているのです。

これが、私がイーサリアムがいかに中央集権的であるかについて長い間主張してきた理由です。エコシステム全体がTetherやCircleのような中央集権的な厩舎に依存しているのです。システムを流れる資本が中央集権的で検閲の対象になるなら、イーサリアムあるいはDeFi全体がどうして非中央集権的になり得るのでしょうか?

しかし、私たちは分散化のデメリットも直視する必要があります。それが魔法のようであり、すべての扉を開くものであるのと同様に、非常に大きな欠点も存在します。そのひとつが国際的な制裁を回避する行為者の能力です。これは不吉なことですが非常に現実的なことです。非中央集権的な暗号通貨はこれを助長します。

今週の出来事

今週、米国司法省はマネーロンダリングと制裁対象企業との取引のグローバルネットワークを維持した罪に問われているロシア人5人とベネズエラ人2人を告発するという発表を行い、この問題がいかに現実的であるかを浮き彫りにしました。

司法省は、被告人が数億バレルの石油の取引を促進し、その後ロシアと中国のバイヤーに出荷されたと発表しました。さらにこのグループのメンバーは、ロシアに軍事技術を密輸したことでも告発されています。

ロシアがウクライナへのテロを続ける中、暗号通貨が戦争の手助けをしているという陰鬱な図式が描かれています。The Blockによると、被告人の1人であるロシア人のYury Orekhov氏は、共犯者に「心配ない、ストレスもない。停泊し始めたらすぐに送金する。USDTはSMSのように素早く機能する。」と述べています。

親ロシア派の準軍事組織も、活動の資金調達に暗号通貨を利用していると伝えられています。しかしウクライナは、Twitterで副大統領の嘆願を受け、1億ドル以上を調達するなど、暗号寄付の角度を大幅に活用しました。

これはTetherのような中央集権的な暗号通貨の場合です。つまり、潜在的な懸念は分散型コインだけでなく、すべての暗号通貨に拡大するのです。しかし後者の場合、法執行機関が違法行為を抑制する手段が大幅に減少します。これは非常に喜ばしいことですが、同時に恐ろしいことでもあります。

その価値は?

多くの物事がそうであるように、ここにもメリットとデメリットがあります。

それは、プラスがマイナスを上回るかどうかということです。分散化のパワーとそれが世界に提供できるすべての良いことは、悪質な業者がより自由に取引する可能性を上回るでしょうか?

私はそのように信じていますが、この業界の端で起こっている非常に不吉なことを見過ごすことなく、慎重に対処する必要があります。もちろん、法執行機関にも果たすべき役割はありますし、今週の動きは法執行機関がますますその役割を果たし始めていることを示しています。

最後に、非中央集権は素晴らしいものです。しかし完璧ではなく、それは認識されなければなりません。願わくば、私はメリットがデメリットを上回り続けることを願っています。しかし、今度分散型フレームワークの上に築かれたユートピアの未来について叙情的に語るときは、ドローダウンがあるという事実を考えてみてください。