FTXの危機はまだ終わっていない、暗号の伝染に期待

$MCADE プレセールが開催中です!
$MCADE プレセールが開催中です!

FTXの危機はまだ終わっていない、暗号の伝染に期待

By Dan Ashmore - 分読み (ショート)

「伝染」という言葉にちょっとうんざりしています。

しかしこの言葉は、デジタル資産分野にも再び訪れるようです。世界最大の暗号通貨取引所の1つであるFTXの破綻はもうお馴染みですね。

それはまだ終わっていないのです。

前例となったLUNA

今回の暴落は、USTとLUNAの悪名高いデススパイラルとは比較にならないですが(私のPTSDのリフレッシュに)、あのスキャンダルは、突然の資本喪失が引き起こす影響がいかに広範囲に及ぶかを示しています。

5月のTerraのメルトダウン前夜には、USTは186億ドル、LUNAは297億ドルの価値がありました。それが数日後にはゼロになったのです。一方、FTXは80億ドルのバランスシートの穴を見ていると言われています。

この数字は比較になりませんが、ドミノ効果はあり得るでしょう。数多くの企業がバランスシート上でUSTを保有し、また他の暗号資産に過剰なエクスポージャーを持つことによってTerraの暴落に巻き込まれ、そのすべてがスキャンダルの余波で下落したのです。

Celsiusは10万人以上の債権者に47億ドルの負債を負い、破産を申請したことがあります。もう一つの暗号融資会社であるVoyager Digitalも、13億ドルという低い金額ではありますが、10万人以上の債権者に負債を抱えていました。

さらに、Three Arrows Capitalは27社に対して35億ドルの債務を負っていました。まだまだ続きますが、要点はご理解いただけると思います。暗号業界は近親相姦的であり、すべての企業が同じシステミックリスクにさらされているにもかかわらず、他の企業の一部を保有していました。

振り返ってみると、リスク管理と多様化のための訓話のように読めます。暗号関連企業が、自社の国債や資産、その他流動性のあるものを、自社のビジネスがすでに晒されている非常に不安定な資産クラスで取引することが賢明だと考えたのか、私には理解できません。

しかし彼らはそれを行い、ドミノ効果が続きました。

FTXにさらされるのは誰なのか?

問題は、誰がFTXにさらされるのか、ということです。

業界はTerraから教訓を得たので、今回はより慎重であることを望みます。FTXでは、資金が揮発性の高い暗号通貨だけでなく、ステーブルコインやフィアットで保管されていたため、安全であるかのように見えたのです。

USTの犠牲になった人々が、USTは1ドルに固定された安定した資産だと考えていたように、FTXの犠牲になった人々の中には、単に不換紙幣建ての取引所に資金を置いただけの人々がいます。

Sam Bankman-Friedには別の考えがあり、一連の不良投資と融資が呼び出された後、これらの資金を彼の姉妹トレーディング会社であるAlameda Researchに送ったことが分かっています。皮肉なことに、これらのローンはLUNAのクラッシュの余波で呼び出された可能性が高く、怯えた投資家はあらゆる手段で暗号の資金を得ようと動いたのです。

企業はすでにぐらつき始めているようです。BlockFi、さらに別の暗号貸し手は、引き出しを一時停止し、被害が甚大であることを概説する声明を発表しました。

BlockFiは、「我々は、Alamedaが我々に支払うべき債務、FTX.comで保有する資産、FTX.USとのクレジットラインからの未引出額を含む、FTXと関連企業体への大きなエクスポージャーを持っている」と述べています。

7月にFTXと4億ドルのリボルビング・クレジット・ファシリティの契約を結んでいました。引き出しを一時停止した後、彼らが回復するのを見るのは難しいです。ー私たちは今では死刑宣告であることを知っているのです。

この資金は、実は積極的な暗号企業以外にも流れています。Sequoia Capital、SoftBank、Tiger Globalは、伝統的な投資家と同様に巨大で退屈な存在ですが、すべて焼失しています。

SequoiaはLP向けのメモの中で、「我々の現在の理解に基づき、我々の投資を0ドルに減額する」と述べました。これが妥当な判断であることは、誰もが認めるところでしょう。

SoftBankは1億ドルの損失を出し、Tiger Globalは3800万ドルの損失を出したと報じられています。

下の図を見ていただければ、一目瞭然です。

 

今後の展開

先にも述べたように、私はこれがLUNAほど深刻な流動性危機にはならないと考えています。しかし、さらなる痛みを無視することは妄想に過ぎず、突然やってくる悲観的な発表も含まれるでしょう。この混乱に巻き込まれた企業の中には、人々を驚かせるようなものも出てくるはずです。

100億ドルはとんでもない大金であり、この大金が消えるとなると、多大な影響を与えることでしょう。LUNAの大失敗が示した教訓を踏まえれば、被害が小さいことを願うばかりです。

しかし、これでようやくCEOや財務担当者は資本を賢く配分し、入念なストレステストを実施し、分散に適切な注意を払い、賢明であるよう説得されるに違いないです。

もちろん、そうでなければなりませんよね?