BONKはなぜ上がるのか?犬のトークンに注意、このシナリオは前にも起こった

$MCADE プレセールが開催中です!
$MCADE プレセールが開催中です!

BONKはなぜ上がるのか?犬のトークンに注意、このシナリオは前にも起こった

By Dan Ashmore - 分読み (ショート)
  • Bonkは、クリスマスの日にSolanaで発行されるミーム コインです。
  • 2,500%近くまで急上昇しました。
  • 一方、SolanaはBankman-Fried氏とブロックチェーンから逃れたトッププロジェクトとの関係に続いて崩壊しました。
  • アナリストは、ミームコインのヒステリーが起こるような環境ではないと述べています。

これは投げやりです。今週、TwitterはSolanaブロックチェーン上の犬型トークンであるBonkの話題で盛り上がっています。古き良き時代のミームトークンの話には、少しノスタルジックなものがあります。必要なのはCOVIDマスクとイーロン・マスクのツイートだけで、我々は2020年に真っ先に戻ることになるです。

柴犬をテーマにしたトークンはクリスマスの日に発行され、その後2,500%近くも上昇ました。これを書いているこの1時間の値上がりが150%です。

もちろん、このトークンがSolana上でローンチされたことは興味深いことですが、Solanaはここ数ヶ月間大変な苦労をしています。私は昨日、Solanaの終焉について深く考察し、複数のトッププロジェクトがブロックチェーンから逃げ出し、度重なる機能停止で大きな問題が発生、Sam Bankman-Fried氏との不吉な関連性が価格を引き下げていると書いたばかりです。

しかし、まだ大きく下がってはいるものの、Bonkのこの急上昇に連動してSolanaは少し跳ね返されています。先週は8ドルまで下がりましたが、火曜日には13ドル以上に跳ね返されました。Coinglassのデータを見ると、700万ドル近くのショートポジションが清算されており、これは11月にFTXが崩壊して以来最大の金額です。

レイヤー1は、コインのハイプを高めるために供給量の50%を大規模にエアドロップすることを発表したBonkへの関心の高まりから利益を得ているようです。Bonkは現在1億2千万ドルの時価総額を持ち、ミームコインのプレイブックに完璧に従っています。

Bonkが上昇している理由とは?

他のミームコインと同様に、Bonkがどのようにしてこれを成功させたかを正確に確認するのは困難です。それは本当にマーケティングと運に起因しています。多くのSolanaプロジェクトがBonkを支払いトークンとして統合し、$BONKはTwitterで絶え間なくトレンドになっています。

この数年私たちが見てきたようなヒステリーが起こっているのです。もう誰もが知っているように、ミームコインはギャンブル以外の何物でもありません。しかし今回の上昇が異常なのは、Solanaだけでなく、市場全体が弱気な局面で起きていることです。

この1年、金利が引き上げられ、市場から流動性が引き揚げられ、リスク資産が暴落しました。ミームコインほどリスクの高いものはなく、その結果暴落しているのです。

Bonkの次は?

私が投資家(ギャンブラー)に言いたいのは、Bonkは他のミームコインと同様、非常に危険なゲームだということです。ここでは効用はゼロであり、長期的に見ればコインはゼロになる可能性が高いということです。

もちろん誰もがそんなことは知っているし、私たちが話しているのはミームのことです。しかし現在の厳しい金融政策環境では、景気刺激策を講じる個人投資家が目に入るものすべてをポンピングしていたパンデミックのようなヒステリーはとっくに終わっています。ミームコインのようなギャンブルに適した環境ではないし、Solanaの大不況を抜きにしてもです。