Solanaは終わった?トッププロジェクトはブロックチェーンから逃れる

$MCADE プレセールが開催中です!
$MCADE プレセールが開催中です!

Solanaは終わった?トッププロジェクトはブロックチェーンから逃れる

By Dan Ashmore - 分読み (ショート)

重要なポイント

  • Solanaは545億ドルから44億ドルへと95%の価値を失いました。
  • Sam Bankman-Fried氏との関連で、さらに弱気な値動きとなりました。
  • 今年トッププロジェクトがブロックチェーンから逃げ出し、Solanaの長期的な将来が懸念されています。

暗号通貨投資家にとって、2022年は忘れるべき年でした。

しかし、すべての痛みの中でも、Solanaのファンが最も傷ついているようです。2022年のスタート時、Solanaは時価総額545億ドルで世界第5位の暗号でした。現在では16位で、ピーク時から95%以上下落し、現在は44億ドルの価値があります。

Solanaはどうした?

当たり前のことですが。昨年マクロ環境は計り知れないほど大きく反転しました。10年にわたる基本水準の金利と自由奔放なマネープリンターの後、連邦準備制度がプラグを抜いたのです。

そして暗号通貨の短い歴史の中で初めて、暗号通貨は経済全体の弱気相場に直面しているのです。過去10年間の爆発的な強気相場では、脈打つものすべてが目もくらむようなリターンを享受していた。しかし今、その宴は終わったのです。

とはいえ、ビットコインに対してSolanaをプロットしてみると、そのパフォーマンスの低さが際立っていることがわかります。

Solanaの停止は大きな問題に

第一の問題は絶え間ない停電です。6月の記事でSolanaは壊れたイヤホンを思い出させる、と書きました。使えるときはいいけれど、音楽を聴くためにはイヤホンをひねったり、接続を外したり、再接続したりしなければならないので、あまり意味がないのです。

Solanaはそんなイヤホンのようなものです。一時期、市場をリードするTPSと安いガス代を武器に「ETHキラー」と位置づけ、その結果パンデミック時には関心が殺到し、高騰を享受しました。

もちろん上で述べたように、これはあらゆるリスク資産が拡大していた時期であり、暗号通貨アルトコインの領域におけるデューデリジェンスは、正確には粒度の高いものではありませんでした。停電が容赦なく続く中、Solanaのボンネットの下には深刻な問題がありーそして今もあるーのです。

もしブロックチェーンが頻繁に停止するようなことがあれば、ブロックチェーンはどれほど役に立つのでしょうか?

6月の記事で、「Solanaについて語るとき『ポテンシャル』、『可能性』『おそらく』という言葉を使うのに少し疲れてきた」と書きました。それ以来、Solanaの価格はさらに70%下落し、市場はSolanaのレリバンス達成をあきらめたかのように見えます。

レイヤー2の台頭はSolanaの核となる前提を脅かし、その核となるユースケースを攻撃しています。レイヤー2が機能するというのは、Solanaが今すぐには主張できないシンプルなステートメントです。

Sam Bankman-Fried氏

私はため息をついています。先月は暗号関連の話題で盛り上がりましたが、金騎士から悪役に転身したSam Bankman-Fried氏に触れないわけにはいきませんでした。残念なことに、彼の死はSolanaに悲惨な結果をもたらしたのです。

FTXの失脚した創設者は、Solanaの初期の強固な支援者であり、FTXが最後の最後で必死に投資家を探しているときにこのトークンがバランスシート上に表示され、大いに話題になったこともありました。実際Bankman-Fried氏はSolanaの最大の支持者だったのです。

批評家は現在、パンデミック時のSOLの垂直上昇は、Bankman-Fried氏の介入によって部分的に引き起こされたと主張しています。SOLトークンの流通はVCが多いことでも知られており、ホエールウォレットが他の暗号よりも大幅にその価格に影響を与えることができたと思われることを意味します。

FTXの崩壊から2ヶ月近く、Solanaは他の暗号よりもかなり苦戦を強いられています。

FTXの密室で起きたことをめぐる暴露から、投資家はBankman-Fried氏によるSOLの支援の一部が詐欺行為を通じて行われたことを恐れています。AlamedaのCEOでBankman-Fried氏の側近であるCaroline Ellison氏はSECに対して、Bankman-Fired氏が意図的にFTTトークンを操作したと発言しています。この文脈で、彼がSOLに対して同じことをしなかったと言えるでしょうか?

ともあれ、詐欺師との関わりを持つだけで、Solanaの将来性は十分に損なわれています。

プロジェクトと資金はSolanaを離れる

DeFiを見ると、Solanaブロックチェーン上でロックされた総価値(TVL)は、2021年後半に100億ドルを超えていたのに対し、現在は2億1700万ドルとなっています。

おそらくさらに懸念されるのは、Solanaからライバルブロックチェーンへのプロジェクトの移行です。著名なNFTコレクションであるDeGodsとy00tsは先週、それぞれEthereumとPolygonに移行すると発表しており、Solana信奉者へのハンマーブローとなっています。

DeGodsプロジェクトリーダーでy00tsクリエイターのRohun Vora氏は、Twitter Spacesで「(DeGodsは)Solanaで上限を迎えたという議論がある」と述べています。「受け入れるのは難しいが、私たちが望む速度で成長するのは大変なことだった。成長を続けるためにEthereumが必要な場所なら、そうするしかない。

Solanaのスライドは、最大のライバルであるはずのEthereumの生みの親Vitalik Buterin氏でさえ、優しい言葉をかけるために割って入ってきたほどです。TVLでブロックチェーンのトップ10にすら入らなくなったことを考えると、もはやEthereumのライバルと呼ぶことすら難しいSOLの凋落ぶりを物語っています。

回復できるのか?

今問題なのは これらの問題がすべて末期的なものかどうかです。SOLは立ち直れるでしょうか?ここでの問題は2つあります。Vitalik氏が言うように、「ひどい日和見主義の金の亡者たちは洗い流された」のです。これは、先に述べたようにSOLに大きなダメージを与える一方で、短期的な問題の方向を示しています。

一方、Bankman-Fried氏の騒動以前から、今もなお問題になっている問題はSolanaのTPSや安い手数料は素晴らしいですが、セキュリティや安定性とはトレードオフの関係にあり、この1年、世間を騒がせた問題でユーザーは痛感しています。

個人的には、Solanaは非常に困難な道を歩んでいると思います。アルトコイン空間全体にとって潮目が変わり、これらのプロジェクトがゼロ金利とFOMOの大流行に基づいてどれだけ評価されていたかが明らかになりました。インフレは依然として高く、地政学的環境は不安定で、さらに多くの弱気変数と不確実性があるため、マクロ環境はいつまでたっても変わりません。

このため、どのアルトコインもリスクの高い賭けとなるでしょう。特にSolanaは、最大のプロジェクトがそれを放棄し、その最も有名な後援者が詐欺師であり、その価格を操作している可能性があり、ネガティブな感情の波という追加の戦いと戦っているため、状況は特に不透明です。

開発者が努力を続け、その潜在能力が発揮されることを期待していますが、このような状況では価格が元のように上昇するきっかけが、今はまだないのです。