投機的な値動きが続く中で、ビットコインの「ヘッジ」シナリオは終わりを迎える

$MCADE プレセールが開催中です!
$MCADE プレセールが開催中です!

投機的な値動きが続く中で、ビットコインの「ヘッジ」シナリオは終わりを迎える

By Dan Ashmore - 分読み (ショート)

重要なポイント

  • 暗号通貨は、金利が予想よりも早く引き下げられる可能性があるという予想を背景に、年明けに上昇しました。
  • これは、暗号は無相関であるという見解とは対照的であり、それが誤りであることを証明しています。
  • パンデミックとその後の利上げサイクルを通じて暗号の値動きを評価すると、他の投機的資産クラスと同じ動きをする、非常にリスクの高い資産クラスであることがわかります。

ここ数カ月、世界的にインフレデータが軟化したことを背景に、市場は緑色に変化しました。暗号は招待リストから外されておらず、デジタル資産はこの9ヶ月で最も強い上昇を見せました。

暗号が無相関の資産であることに疑いはなかったとすれば(今、疑いはないはずです)これは暗号にまつわるあらゆる物語が死んだことをきっぱりと証明するものです。

パンデミックブルラン

クリプト業界における過去数年間を簡単に振り返ると、世界中の中央銀行が超低金利政策を追求したため、資産クラスは当初激しく上昇しました。

究極のブラックスワンであるCOVID-19のパンデミックにより経済が停止したため、2020年第1四半期に各国は非常に不透明な見通しに直面しました。世界的な金融引き締めで、中央銀行は突然閉鎖された社会を活性化するために、できる限りのことをせざるを得なくなったのです。

そして、前代未聞の大規模な景気刺激策が打ち出されました。

このような刺激策と世代を超えた安価な資金で、リスク資産は大暴れしました。その最大の牽引役は暗号通貨でした。暗号通貨は不換紙幣システムに対するヘッジであるため、このような拡張的な金融政策から生じる必然的なインフレの結果として資産が上昇したと主張する人もいました。この議論は成り立たないでしょう。

新しい金利パラダイムへの移行

2022年は確かにインフレ率の急上昇をもたらしましたが、今回は生活費が容赦なく急騰したため中央銀行は逆に積極的な金利引き上げを余儀なくされました。

このため、脚本通りにリスク資産が抑制されたのです。システムから流動性が失われ、需要が抑制されました。投資家は、以前はゼロ金利(国によってはマイナス金利)であったのに対し、政府保証付き国債が合理的な選択肢となり、資産を保管し利回りを得るための代替手段を得ることができるようになったのです。

しかし、暗号通貨は世界の他のリスク資産に追随して下落しました。それだけでなく、このセクターのメルトダウンの規模は、主要なアセットクラスで過去に見たことのないものでした。ビットコインは時価総額の4分の3を削り取り、その多くが壊滅したアルトコインと比較して有利な結果となりました。

ここ数カ月の間に、インフレに関してより楽観的な読みがなされるようになりました。数字はまだ怖いですが、ほんの少し最悪期は過ぎたかもしれないというポジティブな気持ちが芽生えてきました。もちろん、ヨーロッパではまだ戦争が続いていますし、景気後退が(すでに来ていないとしても)間近に迫っているのではないかという懸念も高まっていますが、どんな勝利でも喜びましょう。

株式市場は高金利が従来の予想よりも早く停止するとの予想に動き、慎重に上昇に転じています。

ただ、暗号も上昇しました。株式市場の動きを吹き飛ばすような上昇を見せたのです。

つまり、これはインフレ・ヘッジにはならないかもしれないということです。インフレ率が低下し金利が低下して再び景気拡大期に入る可能性が高まると、暗号は上昇するのです。なるほど。

株式市場との相関関係は依然として高い

その証拠にS&P500とビットコインの価格チャートを見ると、相関関係が一目瞭然です。

文字通り、暗号は相関のない資産とは正反対で、過去数年間、株式市場と歩調を合わせて動いてきました。

興味深いことに、デカップリングの時期がありました。残念ながら、それらは暗号特有のクラッシュの中でやってきましたが。これを示すため過去数年間のビットコイン価格に対するBitcoin/S&P 500の相関をプロットしてみました。

相関関係は、いくつかの顕著な期間を除けば、高水準であり、すべてビットコイン価格が急落したときに発生しています。最も新しい例は2022年11月で、FTXクラッシュの中で暗号がぐらついた時です。

ここには本当に議論の余地がありません。暗号は相関性が高く、極端なリスクのある資産です。唯一の問題は長期的にこの呼称を捨てられるかどうかです。現在、乱高下していないと主張する考えは的外れでしょう。