Genesisが破産申請、どんな意味が隠れているのか?

$MCADE プレセールが開催中です!
$MCADE プレセールが開催中です!

Genesisが破産申請、どんな意味が隠れているのか?

By Dan Ashmore - 分読み (ショート)

重要なポイント

  • Genesisは30億ドル以上の負債を抱え、債権者は10万人にのぼります。
  • Winklevossの双子が設立した取引所Geminiは、未払いとなっている9億ドルの融資をめぐって法的措置を取ると脅しています。
  • また、SECはGenesisに対して、無登録の証券取引で訴訟を起こしています。
  • Genesisの親会社はDCGで、世界最大のビットコインファンドであるGrayscale Bitcoin Trustを運営する会社と同じです。
  • 業界内では波紋が広がり続けており、投資家は洗浄がほぼ完了したことを望んでいます。
  • 現在売却を模索しているメディア企業CoinDeskを含む200以上の暗号企業の株式を持っています。

誰もが予想していたことですが、暗号プラットフォームGenesisの融資部門がついに破産を申請しました。

FTXの破綻によって引き起こされた伝染病によって、Genesisは最新の企業となり、Sam Bankman-Fried氏のリストには別の犠牲者が追加されたことになります。しかし、Genesisの親会社はデジタルカレンシーグループ(DCG)であり、世界最大のビットコインファンドであるGrayscale Bitcoin Trustを所有する会社であるため、暗号投資家はこの申請から波及する後続の損害について今心配しています。

それが何を意味するのか、分析してみましょう。

膨大な破産申請

破産申請書類を見ると、Genesisは10万人以上の債権者をリストアップしています。負債額は30億ドル以上と言われているのです。

この申請は以前から検討されていました。11月16日にFTXの破綻の余波を受け、出金を停止したのです。しかし、破産申請は「予定していない」とし、「合意による」事態の解決を目指すと断言しました。

そして、この危機を回避するために資金調達に奔走しました。Binanceに投資を求めましたが、利益相反を理由に断られたと報じられています。いくつかのプライベート・エクイティ企業にもアプローチしたようですが、最終的には連邦破産法第11条の適用を申請しています。

Geminiはどうなる?

今回の申請は、SECがGenesisとその元パートナーであるGeminiに対して、有価証券の無登録取引について訴えを起こしたのと同じ週に行われたものです。

Geminiは双子のWinklevossによって設立された暗号取引所で、これらの暗号貸し手の多くと同様の「稼ぐ」商品を提供していました。問題は、それがGenesisとの提携であったことです。Earnの条件では、顧客は利回りを得ることを期待してGeminiに暗号を送信しました。Geminiは利回りを獲得して顧客に支払うため、預金をGenesisに移し、Genesisはその預金を投資しました。

Winklevossの双子は、Geminiがアーン商品を通じて9億ドルの借金を負っていると述べており、Geminiのアーン商品からの出金は現在停止されています。

Cameron Winklevoss氏は、Genesisの破産申請のニュースにTwitterで反応し、DCGとCEOのBarry Silbert氏による「債権者への公正な申し出」がなければ法的措置を取ると脅しました。Silbert氏を「詐欺」と非難し、CEOを辞任するよう要求しています。

DCGの関与

広い市場にとって、本当に懸念されるのはDCGの関与です。

デジタル資産会社は、暗号交換Krakenとステーブルコインの発行者Circleを含む200以上の暗号企業に株式を持っています。最も知名度が高いのは世界最大のBitcoinファンドであるGrayscale Bitcoin Trustの親会社であるという事実です。FTXの崩壊とDCGが直面している混乱の後、その埋蔵量の安全性の上に増加する精査の下に来ています。

このファンドは純資産価値に対して急なディスカウントで取引されており、FTX後は乖離率が50%に急増しています。2週間前にバウンスバックした後のトレンドの分析を書きましたが、その時点では37%のディスカウントで取引されていました。 現在ディスカウントは40%です。

DCGは暗号ニュース出版社CoinDeskも所有しています。現在、売却の可能性を探っているようです。皮肉なことに、最初にFTXのスクープを掲載したのはこのニュースサイトであり、それがDCGの苦難の引き金となったのです。

今週、「ここ数ヶ月の間、我々はCoinDeskに興味を持っているという多数のインバウンドの表示を受け取った。 」とCEOのKevin Worth氏は述べた。

Silbert氏は先週、ツイッターで「10年間、この会社(DCGとこの業界)にすべてを注ぎ込み、正しいやり方でやることに執念を燃やしてきたのに、私の誠実さと善意を疑われるのはつらいことだ。」と投稿しています。

DCGはこの混乱に対応して減配し、株主に自社のバランスシートの強化に注力していると伝えました。

DCG は現在の市場環境に対応するため、営業費用の削減と流動性の確保によるバランスシートの 強化に注力してまいりました。そのため、追って通知があるまでDCGの四半期配当の分配を停止することを決定しました。」とDCGは火曜日に発表しました。

暗号にとって何を意味するのか?

市場全体としては、これはFTXの破綻という大惨事の続きに過ぎません。FTXのバランスシートに80億ドルの穴が開いていることから、伝染は常に避けられないものでした。実際のところ、暗号化産業がこのような事態に持ちこたえたことは、やや驚きです。

ビットコインは前年比25%増、ETHは27%増で、いずれも倒産前とほぼ同じ水準で取引されています。マクロ環境は数ヶ月前よりも少し楽観的になっています。

危機の真っ只中に戻ると、ビットコインはぐらついたものの、15,000ドル以上を堅持しました。

おそらく、ここでの最大の影響は暗号の評判に打撃を与え続けることです。 このような状況下において、暗号の評判が引き続き悪化していることです。

世界経済は、高金利の負担が市場から流動性を奪い続け、景気後退の瀬戸際に立たされています。さらにここ数ヶ月は明るい兆しが見えていたにもかかわらず、世界的に生活費危機が進行し、インフレは高止まりしています。ヨーロッパでの戦争という小さな問題もあります。

これらは市場にとって大きな課題であり、全般的に価格を抑制しています。不確実性は2008年の金融危機以来、最も高い水準にありますが、これらの大きな逆風に加え、暗号は自らを傷つけ続け、混乱に拍車をかけています。

投資家は2022年の不祥事からの洗い出しで、これ以上のサプライズがないことを願うでしょう。マクロの状況がいかに悲惨であるか、これ以上の自業自得は望みません。