Grayscale Bitcoinファンドは今年25%上昇したが、割引で投資家は苦しむ

$MCADE プレセールが開催中です!
$MCADE プレセールが開催中です!

Grayscale Bitcoinファンドは今年25%上昇したが、割引で投資家は苦しむ

By Dan Ashmore - 分読み (ショート)

重要なポイント

  • 原資産であるビットコインの上昇率が4%であるのに対し、GBTCファンドは年初から25%上昇しています。
  • ディスカウントは37%と、FTX崩壊前の水準に戻りました。
  • わずか4週間前には、ディスカウント率は過去最高の50%に達していました。

世界最大のビットコインファンドであるGrayscale Bitcoin Trustは、年初から25%も価値が跳ね上がりました。一方、ビットコインは年初来で約4%の上昇にとどまっています。

これは、原資産であるビットコインに対するディスカウントがここ数カ月で最も小さいレベルにあることを意味します。わずか4週間前の12月に、私はディスカウントが過去最高の50%に達したときの乖離を分析したことがあります。

今日、ディスカウントは37%でFTXの崩壊前の水準に戻りました。

Grayscale割引とは?

Grayscaleは、投資家が物理的にビットコインを購入することなくビットコインへのエクスポージャーを得るための手段を提供する信託です。これは規制や法的な理由でビットコイン市場に直接参加できない機関やその他の事業体にとって便利な場合があります。

しかし、Grayscaleは純資産価値と同じ価格で取引されたことはほとんどありません。以前は高騰する暗号通貨へのエクスポージャーを得ようとする投資家により株式が急騰し、原資産であるビットコインにプレミアムを付けて取引されていました。

しかし、今日はその逆で急な割引となっています。2%の手数料はディスカウントの一部を説明するものですが、この暗号の冬に一貫して見られた30%以上のディスカウントを埋めるには十分ではありません。

SECは最近、信託を上場ファンドに転換するためのGrayscaleの申請を拒否し、ファンドの周りに弱気な行動を綴りました。また、特にヨーロッパで同様のファンドが立ち上げられ、ビットコインETFの申請も行われるなど、競争が激化しています。

しかし、最も大きな懸念は準備金の安全性をめぐるものでした。FTXの破綻後、Grayscaleの親会社であるDigital Currency Group(DCG)が破産を申請するのではないかとの憶測が広がり、この問題がクローズアップされたのです。

DCGはGenesisの親会社でもあり、Genesisは最近スタッフの30%を解雇し、破産を検討していると伝えられています。FTXの舞台裏での悪質な行為を受けて、Grayscale社が突然流行りだした埋蔵量証明レポートの公開を拒否したことで、懸念が高まりました。

それができない理由として「セキュリティ上の懸念」を挙げているが、アナリストはこれを断罪し、ブロックチェーン上で公文書を公開することでどんなセキュリティ上の懸念に火がつくのか、非常に不明であるとしています。

なぜ割引が終了したのか?

割引率は37%と依然として大きいですが、FTXの崩壊の余波で50%という驚異的な値に達したことから、割引率は縮小していま。sう。

DCGは投資家が保有するビットコインを全額換金できるようにすべきとの声が業界内から上がり、このディスカウントに対処するよう圧力が強まっています。このような声もあり、格差はやや縮小しているようです。

あるヘッジファンドのFir TreeはGrayscaleに対して訴訟を起こし、手数料を下げるか、割引を解消するために償還を認めるよう要求しているほどです。

しかし、現在の暗号全体がそうであるように、マクロもまたその一翼を担っています。今年はインフレがピークに達したかもしれないとの楽観的な見方から暗号価格が上昇し、年が明けました。これは暗号市場の比較的穏やかな1カ月ほどを引き継いだものです。

FTXの暴落の後、人々は伝染を恐れチップがまだ落ちていたため、ディスカウントが大きく広がりました。UST危機が発生したときにTetherのペグが滑ったのと似ています。

現在、通常のサービスが再開されたため、ディスカウントは縮小しています。投資家にとっては残念なことですが、それでも純資産価値から37%という驚異的な下落が続いています。ビットコイン自体が急落した年に、その猛烈な値動きに加えてディスカウントを重ねることは、投資家が最も必要とすることでしょう…