Circleの上場計画が白紙に。ステーブルコイン市場にはどんな影響が?

$MCADE プレセールが開催中です!
$MCADE プレセールが開催中です!

Circleの上場計画が白紙に。ステーブルコイン市場にはどんな影響が?

By Dan Ashmore - 分読み (ショート)

重要なポイント

  • USDCの発行元であるCircleが、90億ドル規模の上場計画を中止しました。
  • 上場することで、USDCを反Tetherとして提示し、完全な透明性と監査された角度を押し出すことができたかもしれません。
  • 中止された取引は、全体的な価格の下落を反映しています。
  • Circleは最終的に上場する決意を固めていますが、その間、ライバルに対して安定コインの戦争を続けるでしょう。
  • BinanceはUSDCや他のライバルを上場廃止にし、自社の安定コインであるBUSDをプッシュするため、最近大きな動きを見せています。

ステーブルコイングループのCircleが株式公開の計画を断念しました。

時価総額430億ドルの安定コインUSDCの発行者であるCircleは、90億ドルの評価額で株式公開を予定していましたが、Sam Bankman-Fried氏と暗号市場は別のアイデアを持っていたようです。

放棄された計画は暗号の崩壊を意味する

取引の崩壊は、暗号がどれほど落ち込んでいるかを示しています。この取引は当初2021年7月に行われ、Circleは元Barclaysの幹部であるBob Diamond氏が率いる白紙会社を通じて株式公開することを計画していました。

我々は、提案された取引がタイムアウトしたことに失望している。しかし、公開会社になることは、信頼と透明性を高めるというCircleの中核戦略の一部であり続け、これはかつてないほど重要である。」とCircle最高経営責任者のJeremy Allaire氏は述べています。

当然といえば当然です。金利上昇によって価格が軒並み引き下げられたため、株式公開の案件は暗号だけでなく市場全体で棚上げされています。Coinbaseは2022年に84%も株価を下げており、そのダメージの証拠はCoinbase以外にはありません。(私はここで彼らの終焉について深く掘り下げた記事を書いています。)

ステーブルコインに望ましい公的なセキュリティ

安定コインの分野は、今年最も大きな打撃を受けた分野の一つです。5月にはUSTが破綻し、エコシステムの大部分を崩壊させるという大きな話題になりました。

DAIは、分散型安定コインでありながら(USDCを保有していることから)非常に中央集権的であるという不思議な立場にあり、非常に苦戦しています。その最新の計画は、ペグモデルを完全に放棄し、フリーフローティング安定コインに切り替えるというもので、私に言わせれば、これは完全なパラドックスに聞こえます。

しかし、Tether(詳しくはこちら)の安全性をめぐる継続的な投機は、UST崩壊の余波でいくつかの取引所で95セントまでペッグが解除され、ステーブルコインに関する最大の不満として残っています。

これは、USDCがCircleの株式公開から本当に恩恵を受けることができた場所です。公開企業であることが要求するセキュリティ、開示、透明性は、他の追随を許しません。この動きは、特に最大のライバルであるTetherと比較して、Cicleのイメージに大きな利益をもたらしたでしょう。

特に最大のライバルであるTetherと比較すると、アンチTether、つまり完全に公開され、監査され、透明で安全なステーブルコインとして位置づけられる可能性があったということです。したがって、この取引崩壊のニュースの最大の勝者は、間違いなくTetherである。

ステーブルコイン戦争は続く

Circleがいずれ上場してくれることを期待していますが、市場の状況を見ると、インフレがまだ顕著に冷え込んでおらず、息苦しいエネルギー危機の中でヨーロッパやアメリカが冬に突入し、世界経済が苦しくなっているので、しばらくはそうならないかもしれません。

それまでは、市場の覇権をめぐってライバルと戦い続けることになるでしょう。BinanceがUSDCと他の競合他社を上場廃止にした後、最も最近の勝者はBinanceのステーブルコイン、BUSDでした。

USDCは、上場しているという切り札を袖にするつもりでしたが、それが取り消された今、ステーブルコイン戦争に関しては振り出しに戻ることになりました。