Coinbaseで何が起きているのか?さらに20%の従業員が解雇

$MCADE プレセールが開催中です!
$MCADE プレセールが開催中です!

Coinbaseで何が起きているのか?さらに20%の従業員が解雇

By Dan Ashmore - 分読み (ショート)

重要ポイント

  • Coinbaseは、6月に18%の人員削減を行った後、20%の人員削減を行うと発表しています。
  • 同社は時価総額が100億ドルを下回り、2021年4月に上場した時の価格から90%以上下落しています。
  • CEOのBrian Armstrong氏は、昨年10月の株価が63ドルだったときに保有株式の2%を売却していました。
  •  Armstrong氏は、暗号市場に「これから多くのことが起こるだろう」と警告しました。
  • 今年のこれまでの価格は、インフレが軟化しているという楽観的な見方から上昇に向かいました。

本日、Coinbaseは再び従業員の相当期間を削減することを発表しました。火曜日の朝、記事によると別の950のジョブでの削減を発表しました。同社は6月にも従業員の18%を解雇しました。これは、過去6ヶ月間で従業員の35%が余剰人員となったことを意味します。

今にして思えば、もっとやるべきことがあったはずだ。最善の策は、情報が入手可能になった時点で迅速に対応することであり、今回の件もそうしている。」ーCEOのBrian Armstrong氏は、CNBCのインタビューに上記のように答えています。

Coinbaseが再び解雇を実施する理由とは?

10月にArmstong氏が持ち株の2%を売却することが明らかになった後、私はこの取引所の状態について深く掘り下げた記事を書きました。Coinbaseはその日、63ドルで取引されていました。ビットコインが悪いと思っていたら、Coinbaseはもっと悪かったのです。上場時の価格から90%以上下落しています。

その時価総額は、取引初日に一時860億ドルの価値があったが、現在は100億ドルを下回っている。

その時価総額は現在 100 億ドルを下回っており、取引初日に一時的に 860 億ドルの価値がありました。

Coinbaseは、今回の解雇を他のリストラと合わせて考えると、営業コストを25%削減できるとしています。ただし削減の結果、第1四半期は1億4900万ドルから1億6300万ドルの営業費用増が発生します。

Armstrong氏は、「あらゆるシナリオでうまくいく可能性を高めるためには、経費を削減する必要があることが明らかになった」とした上で、従業員を解雇せずにこれを行う「方法はない」と断言し、「成功の確率が低い」いくつかのプロジェクトは停止されるだろうと付け加えました。

暗号通貨で事態が悪化する可能性は?

暗号市場は今年、マクロとインフレのポジティブなデータのおかげでホットなスタートを切りましたが、Armstrong氏は、FTXの崩壊を受けて暗号には「まだ多くの市場の恐怖」があり、業界に渦巻く伝染に関しては「これからさらに起こる可能性」がありそうだと不吉な警告を発しました。

もちろん、解雇は暗号市場に限ったことではありません。Amazon、Salesforce、Metaなどのテック企業は、過去数ヶ月の間に数千人の従業員を削減しました。技術系は不安定なことで知られ、低利益が標準であり将来の約束の割引から得られる評価では、高金利がこのセクターに罰を与えています。

しかし、Coinbaseは間違いを犯したようです。同社の運命が暗号市場といかに相関しているかを考えると、ビットコイン価格に関する明らかなリスク管理の欠如が彼らを犠牲にしたのです。上のチャートをざっと見ると、ビットコイン価格とCoinbaseの株価は非常に連動して動いていることがわかります。

6月の最初の解雇は、同社がスーパーボールのコマーシャルに1400万ドルを費やしたわずか4カ月後のことで、振り返ってみると暗号市場の頂点を極めて痛烈に示していました。FTXとCrypto.comも、この大一番で悪名高い広告に数百万ドルを費やしたのです。Armstrong氏はまた、最初の解雇で会社があまりにも急速に拡大しすぎたことを認めました。

暗号の次は?

暗号にとって、このニュースは単独ではあまり意味を持ちません。つまり、この1年の損害の大きさを示す逸話に過ぎないのです。Coinbaseは業界の先駆けであり、注目を集めた最初の暗号企業として上場し、多くの企業が後に続くと予想された時代でした。

市場は完全に変容してしまった今、マクロ環境が緩和され、引き締まった金利環境が緩和されることが必要なのです。暗号はハイリスク資産のように取引され、それゆえ過去10年の緩やかな金融政策と基準金利がそれを喧伝してきました。

それはもう終わったことですが、インフレが年明けに軟化するように見えるため、連邦準備制度が当初の予想よりも早く「正常な」金融情勢にさえ戻るかもしれないという希望が新たに生まれました。そのときこそ暗号投資家はチャート上で垂直方向に向かうことを考え始めることができます。

今のところ、木曜日に米国の次の重要なインフレデータが発表されるため、様子見ということになるでしょう。